堀内洋服店 | 心斎橋のオーダースーツ専門店

堀内洋服店 | 心斎橋のオーダースーツ専門店

創業明治28年 ブリティッシュスタイルを基調としたビスポークテーラー

礼服のカテゴリー・デザイン

礼服のご紹介

テーラーの技術の精髄ともいえるフォーマルウエアーには、厳密なルールに基づいての着装法があります。
その一部を紹介いたします。

EVENING CORT 燕尾服


夜間 正礼装 現在ではあまり使われることが少ない。叙勲や音楽会などに着用される

MORNING COAT モーニングコート


昼間 正礼装 叙勲や結婚式などの式典に着用

TAXIDO タキシード


夜間 準礼装 夕方から夜にかけての式典やパーティーなどに広く着用される

シルエット・デザイン

typeB 英国調標準型


B(ブリティッシュ)スタイル
あなたがコンサーバティブ(保守的)なスーツをお望みならお奨めします。
当店110余年の伝統が磨き上げたシルエットです。

typeN イタリア調ソフトスーツ


N(イタリアン)スタイル
ゆったりとしたおとなのスーツならこれです。
やわらかい着心地を持ったゆったり目のシルエットです

typeM 英国調モッズ型


M(モッズ)スタイル
若々しさをスーツにお求めならばこのパターンです。
高めのウエストラインと細めのボトムの組み合わせはスマートなラインを表現します。
1988年頃にイギリスの若手テーラーたちが創りはじめた、スリムでタイトなスタイルです。当店でも Ozwzld Boateng(オズワルド ボーテング)と提携して、日本に紹介しました。
残念ながら、2000年にオズワルドは日本撤退しましたが、”ホリウチ”では彼のスピリットを受け継ぐ”モッズ・ライン”として、注文を承っています

typeJ イタリア調クラシコ型

J(クラシコ)スタイル
今 もっともファッショナブルなシルエットをお求めならばこのパターンです。
胸のドレープを利かせたタイトなトップは、短めの上着丈でスリムなラインを強調します。
ボトムは、ノータックでローライズ 腿から裾にかけてあくまで細く足にフィットしたつくりです。
洋服の土台となる毛芯は、極薄で軽いものを使い 軟らかな仕立てが特徴です。

 - スーツのご注文